住宅ローンの審査に落ちた場合、なにが原因?

他に思い当たることがないなら個人信用情報が原因?

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なりますが、一般には、年収、勤続年数、勤務形態(正社員、派遣社員など)、年齢、担保評価、健康状態などが 重要項目となっていることが多いです。最低年収や、勤務形態(派遣やアルバイトでも可としているかなど)は、金融機関のHPに載っていたりするので、 自分で調べてみましょう。もし、これらの項目に思い当たる点がないのなら、個人信用情報に原因があるかもしれません。


個人信用情報は、よくブラックリストと言われているもので、個人信用情報機関(KSC、CIC、JICC)に登録された信用情報の記録のことです。 次のコラムで詳しく見てみます。


さて、個人信用情報に不安がある人も、それ以外の年収や勤務年数などの項目に不安がある人も、諦めるのはまだ早いです。 住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なるというところが重要です。1社に落ちても、次の1社にはあっさり審査に通るということがよくあるのはそのためです。 そこでお勧めなのが、住宅本舗の住宅ローン一括申し込みサービスです。複数の金融機関の住宅ローンに一括申し込みをすれば、審査通過の確率は グッと上がり、審査に通過した後で、金利などの条件をじっくり比較検討することができます。


住宅ローンの審査に落ちた場合、個人信用情報を疑え

住宅ローンの審査に落ちた場合は?

個人信用情報を管理している個人信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC、JICCの3つです。 信用情報が登録される期間はおおむね以下の通りです。


申し込みの記録・・・6ヶ月

異動情報(延滞など)・・・契約期間中もしくは完済から5年間

自己破産・・・完済から10年間


異動情報とは、事故情報ともいい、延滞、代位弁済、強制回収手続、債務整理などの記録のことです。

延滞については、1ヶ月の支払い遅れでは「異動」とはならず、3ヶ月以上の支払い遅れがあった場合に「異動」となるようです (1ヶ月の支払い遅れでも何度も繰り返していると危ないです)。

一度「異動」と登録されてしまうと、完済から5年間は消えません。


CICでは、毎月の支払い記録が24ヵ月間保存されます。例えば、1ヶ月支払いが遅れただけでも記録に残ってしまい、それが24ヵ月消えません。 その後24ヵ月間健全な支払いを続ければ、延滞の記録は押し出されて消えることになります。携帯本体の分割払いなどは最近厳しく、2,3日支払いが遅れただけでも CICに延滞の記録がされてしまい、それが原因でクレジットカードや住宅ローンの審査で落ちるというケースが増えているようです。


さて、住宅ローンは最も高額なローンなので、信用情報に少しでもキズがあれば、審査に通過することは難しくなります。しかし、審査基準は金融機関によって 異なりますので、1度の支払い遅れや、異動情報が延滞だけで完済しているならば、金融機関によっては審査に通過できるケースもあるようです。


信用情報に不安がある人には独特で柔軟な審査をしてくれるネット系銀行がお勧めです。ネット系銀行を中心に、最大7社の住宅ローンに一括申し込みできる サービスをぜひご利用ください

住宅ローンの審査に落ちた場合、ネット系銀行を試してみては?

住宅ローンの審査に落ちた場合はネット銀行がお勧め

前述したように、信用情報に少しでもキズがあれば、高級ローンである住宅ローンの審査には大きく影響します。 しかし、少しキズがあっても審査に通すという金融機関もあります。特にお勧めなのがネット系銀行です。


メガバンクや都市銀行ではまだまだ保守的なところが多いようで、正社員でないと話にならないなど厳しい基準を設けているところが多いです。しかし、ネット系銀行は比較的新しいので、 住宅ローンにおいて柔軟な対応をしてくれます。実際、派遣やアルバイトでもOKとしていたり、クレジットカードの支払い遅れがあっても すでに完済していて、安定収入があるから審査に通した、という事例もあります。


一般に、審査に落ちて、より審査が甘い金融機関を探す場合、金利が高くなることを覚悟しなければなりませんが、 ネット系銀行は実店舗を持たず、その分経費が安く済むため、 低金利・諸費用が無料などのお得なサービスを展開しているところが多いです。


住宅ローンの審査に落ちて、より審査の甘い銀行を探している人には、審査が柔軟で、かつ低金利なネット系銀行がお勧めです。 住信SBIネット銀行・楽天銀行 フラット35・ソニー銀行・東京スター銀行などの ネット系銀行を中心に最大7社の住宅ローンに一括で申し込みできるサービスをぜひご利用ください。


住宅ローンの審査に落ちた場合、逆にチャンスなのかも?

住宅ローンは比較・検討が非常に重要

住宅ローンは最も高額なローンなので、数%の金利の差で、総返済額に数百万円の差ができることもあります。さらに各種諸費用もバカになりません。 住宅本舗の住宅ローン一括申し込みサービスなら、低金利・諸費用が無料もしくは低く設定されているネット系銀行に一括で申し込みができます。 金利などの条件は審査結果が出てからでないとわからないので、複数の金融機関に申し込んでみることは非常に重要です。 もし、あなたが十分な比較・検討を行なわずに住宅ローンに申し込んで落ちたのなら、逆にチャンスなのかもしれませんよ。

複数の銀行に一括で申し込むことで通過確率が上がる

住宅ローンで落ちても、銀行はなぜ落ちたのかを教えてくれません。審査基準は金融機関によって異なり、しかもその基準はブラックボックスなのです。 逆に考えれば、住宅ローンに落ちても、たまたま落ちる銀行に申し込んでしまっただけかもしれません。もし、住宅ローンの審査で通らないような致命的な理由 (金融事故を起こしたとか、勤務年数1年未満だとか)がなければ、複数の金融機関に一括申し込みできるサービスを利用すればどこかしら通るはずです。 クレジットカードのキャッシング枠も借金とみなされてしまうので、メインの1枚を残してキャッシング枠のついたクレジットカードはすべて解約するというのも 1つのテクニックです。

住宅ローンを営業マンの言われるままに決めていませんか?住宅ローンは金融機関によって、借入条件が大きく異なりますので、比較することが重要です。 審査結果が出てから金利などの条件をじっくり比較・検討し、自分に一番よいローンがどれなのかを決める必要があります。

住宅本舗の住宅ローン一括申し込みサービスは、たった一回の入力で複数の住宅ローンへ申し込みができます。 住信SBIネット銀行・ソニー銀行・ オリックス銀行・ソニー銀行・東京スター銀行などネット銀行を中心に、最大7社へ同時申し込みができます。

住宅ローンの審査にはおよそ1ヶ月かかります。そのため審査に落ちると次の審査に申し込むまでのタイムロスが生じます。 その間に、欲しい住宅がなくなってしまうということもあります。タイムロスによるリスクをなくすためにも、一括での申し込みがお勧めです。

またこのシステムは 関係省庁、提携している金融機関からのお墨付きをいただいた唯一のサービスであり、 ISO27001に基づく管理を行い、 個人情報のセキュリティを確保していますので、安心して利用できます。

Copyright © 住宅ローンの審査に落ちた場合にお勧めな方法 All rights reserved